女の子のセフレを作り、セフレ関係を長続きさせるための【4つのポイント】

セフレ募集サイト

女の子のセフレを作り、セフレ関係を長続きさせるための【4つのポイント】

 

セフレを作るためには、基本的に努力と根気が必要だ。

 

メールをして信頼関係を築く → 何度かデートを重ねる → 最終的にホテルへ行く

 

という流れがセフレ作りの王道である。

 

 

しかし、俺は長年の経験から、
セフレを作る可能性を高めるコツを発見することができた。

 

この記事では、『セフレ作りの4つのポイント』を解説していこう。

 

 

1.住みの近い女の子をターゲットにする

 

セフレサイトを始めとする出会い系サイトでは、
女の子と住んでいる場所が近ければ近いほど有利になる。

 

そのためセフレサイトでは、
基本的に住みの近い女の子を中心にメールを送っていくようにしよう。

 

 

また、同じ地域に住んでいる女の子に対しては、
ファーストメールに地元ネタを含めていくのもポイントだ。

 

序盤のメールでは、お互いに共通した話題が少なく、
やり取りもギクシャクしたものになりがちだ。

 

しかし、同じ地域に住んでいる者同士であれば、
地元ネタは貴重な共通話題となる。

 

 

どんなにメールで仲良くなることができ、
どんなにフィーリングが合うと感じたとしても、
会えなければ意味がない。

 

遠距離の女の子をターゲットにしたばかりに、
メールのやり取りだけが続いていく…。

 

それでは、ただの“メル友”である。

 

 

いずれにしろ、まずはセフレ候補の女の子とメールのやり取りをして、
信頼関係を築くことが最優先事項となる。

 

焦らずにじっくりと仲良くなっていき、
タイミングを見て会う約束を取り付ける。

 

デートで好印象を与えることができれば、
高確率で家やホテルにお持ち帰りすることができるだろう。

 

 

『会う ⇒ セックスする』という流れを継続していけば、
目的は達成したも同然である。

 

それが、メル友ではない“セフレ”という関係なのだ。

 

 

2.どうやってセフレにするか?

 

最初の段階では、セックスだけのデートの約束は結ばないほうが良い。

 

「次は○○に行こうよ!」などと、
ノーマルなデートの約束をしていこう。

 

その際には、女の子の趣味や嗜好に合わせ、
相手が興味を持ちそうな場所を指定するのがベスト。

 

 

ある程度仲良くなったら、

 

「鍋しようよ!」

 

「俺んちでDVD見ようよ!」

 

などと誘えば、すんなりと家に招くことができる。

 

 

そのためにも、デートの前には事前のメールのやり取りで、
女の子が興味を持っていることを情報収集しておこう。

 

通常のデートに女の子の興味をプラスすることによって、
1度きりのデートにはなりにくく、
次回のデートに繋がる可能性も高まる。

 

1度セックスをした後に会ってしまえば、
高確率でセフレ関係に持ち込むことができる。

 

 

ホテルでは、

 

「どんな体位が好き?」

 

「好きなプレイってある?」などと聞き、

 

次回のデートでセックスする約束を取り付ける。

 

 

Mな女の子の場合は、
セックスの際には全力で攻め立ててあげよう。

 

そうすることによって、女の子は
心身ともにあなたから離れられなくなっていくことは間違いない。

 

 

もちろん、セックステクニックのある男性なら、
簡単にセフレにすることができるだろう。

 

俺のように、ルックスやセックステクニックに
自信がない男性の場合は、+αが必要なのだ。

 

 

3.“会ってセックス”を当たり前にする

 

セフレ候補の女の子に『会いたい』と
思わせることができれば、セフレにしたも同然である。

 

相手が積極的に誘ってくるようなら、
むしろ「セフレ関係にある」と言っても良いだろう。

 

女の子から求められるのであれば、口約束は必要ない。

 

その場合は、相手も会ってセックスすることを望んでいるからだ。

 

 

女の子に『会いたい』と思わせるためにも、
最初は自己満足のセックスをしないようにしよう。

 

セフレという関係は、
お互いが十分に満足できなければ長続きはしない。

 

あなたも、相性の良くない女の子とは、
セックスしたいとは思わないはずだ。

 

 

愛情で支え合っている恋人関係とは異なり、
セフレは儚くて脆い関係である。

 

セックスの相性が悪かったり、
恋愛感情を抱いてしまうと、
オイシイ関係は破綻してしまうのだ。

 

セフレ関係を長続きさせるためにも、
女の子への配慮を欠かさずに、
独りよがりなセックスはしないようにしよう。

 

 

4.女の子に「セフレ」と言わない

 

セフレとしての関係をスタートさせる場合は、
わざわざ「セフレとして付き合いたい」などと口に出して言う必要は無い。

 

「セフレ」という言葉を発したがために、
良好だった関係がギクシャクしてしまう可能性もある。

 

 

セフレ関係にある男女は、口には出さずとも、
お互いの関係を雰囲気で感じ取っている。

 

そのような特殊な関係を、
秘密裏に楽しんでいるような感覚さえしてしまう。

 

 

そもそも、男性に「セフレ」と言われて喜ぶ女の子はほとんどいない。

 

むしろ、『デリカシーがない』と思われてしまい、
嫌われてしまうことが多いのだ。

 

そのため、女の子とセフレ関係になっても、
「セフレ」という言葉を使わないことだ。

 

関係を長続きさせたいのであれば、
そのような暗黙のルールを守るようにしよう。

 

ネットで確実にセフレを作る【最短プロセスとテクニック】

セフレ募集サイト