ネットで確実にセフレを作る【最短プロセスとテクニック】

セフレ募集サイト

ネットで確実にセフレを作る【最短プロセスとテクニック】

 

こちらでは、セフレを作るための最短の手順を解説していく。

 

1.セフレサイトに登録する

 

まずは、セフレ候補の女の子が多くいる“セフレサイト”に登録しよう。

 

行動を起こさなければ、何も始まらない。

 

さらに言うのなら、1つだけ登録するのではなく、
複数のセフレサイトに登録しよう。

 

その理由は、セフレ作りの場を広げるためだ。

 

多くのセフレサイトに登録すればするほど、
それに比例してセフレを作れる可能性も格段に高まる。

 

下記でご紹介しているセフレサイトは、
俺が実際に利用して優良であることを確認済みだ。

 

そのため、安心して登録して欲しい。

 

無料セフレサイト

 

 

2.掲示板の書き込みに返信する

 

次は、セフレサイトの掲示板に書き込んでいる女の子に、
サイトメール(サイメ)を送っていこう。

 

いくらセフレ候補の女の子が集まるサイトと言えども、
アクションを起こさなければセフレを作ることはできない。

 

あなた好みの女の子を見つけたら、
すかさずアプローチしていこう。

 

 

ただし、僅かながらサクラが潜入している可能性もある。

 

そのため、アプローチする女の子を見分ける必要があるのだ。

 

そこで、メールを送るべき女の子の見極め方を伝授しよう。

 

 

×メールを送ってはいけない女の子×

 

まずは、サクラの可能性が高い女の子の特徴を解説していく。

 

・アダルト色の強い書き込み

 

・プロフィール画像が物凄く可愛い

 

・非常に好条件な書き込み

 

・下ネタ前回の書き込み

 

以上の特徴がある書き込みは、サクラである可能性が極めて高い。

 

いくらセフレ候補の女の子が集まっているとはいえ、
都合良く物事が進むはずはない。

 

基本的に、オイシイ話を持ちかけてくる女の子は疑ってかかろう。

 

 

○メールを送るべき女の子○

 

・何の特徴も無い書き込み

 

・プロフィール画像が地味

 

・プロフィールをしっかり記入している

 

以上の特徴がある書き込みは、
サクラである可能性は低い。

 

このような女の子に絞ってメールを送ることによって、
効率的にセフレを作ることができる。

 

 

地味な女の子は素人である可能性が高く、
出会える確率もグーンとアップする。

 

掲示板の書き込みには目を光らせ、
素人の女の子をピックアップしていこう。

 

短期間で女の子と出会いたいのなら、
掲示板カテゴリーは、「すぐ会いたい」がおススメだ。

 

しかし「すぐ会いたい」のカテゴリーは、
援助交際や割り切りの書き込みが多いため、
慣れていないと、それらを見分けられず大変かもしれない。

 

なので、時間に余裕があるのなら、
掲示板カテゴリーは「メル友」もオススメだ。

 

意外に思うかもしれないが、
このカテゴリーはセフレ候補の女の子が多い。

 

長期戦になりがちだが、
コツを掴めば確実にセフレを作ることができる。

 

 

3.女の子にメールを送る

 

掲示板検索やプロフィール検索を使い、
セフレ候補の女の子に積極的にサイメを送っていこう。

 

その際には、女の子のログイン時間を確認し、
長期間インしていないようであれば避ける。

 

セフレサイトをそれほど利用していないという証拠だし、
返信が来る確率も低くなってしまうからだ。

 

 

そのため、ログイン時間は10〜30分以内の女の子を狙おう。

 

この範囲であれば、セフレサイトを頻繁に
利用しているという証拠であり、返信が来る確率も高まる。

 

 

また、事前に女の子のプロフィールを確認し、
食いつきそうな話題をメール文に含めよう。

 

『この人と話が合うかも』と思わせることができ、
女の子の返信意欲が増加する。

 

注意点としては、
いきなり「セフレになりませんか?」のようなメールを送らないこと。

 

いくらセフレサイトを利用している女の子でも、
赤の他人と『会おう』とは絶対に思わない。

 

 

最初は丁寧で誠実なメールのやり取りを心がけ、
女の子の警戒心を解くことに徹する。

 

セフレサイトに限らず、女の子と会うためには、
最低限の信頼関係を築く必要があるのだ。

 

 

4.サイトメールテクニック

 

サイトメールとはその名の通り、
セフレサイト内でやり取りするメールを指す。

 

完全無料セフレサイトであれば、
お金を使う必要はなく、
好きなだけメールのやり取りをすることができる。

 

その反面、有料セフレサイトの場合は、
サイトメールのやり取りには料金(ポイント)が必要になってくる。

 

後者の場合は、できる限り早めに
直メールに持ち込むことが最重要テーマとなる。

 

 

こちらでサイトメールテクニックを学び、
スムーズな直アド交換を実現しよう。

 

めでたく女の子からメールが送られてきたら、
親近感を持ってもらうためにも、
相手にとって興味のある話題をドンドン振っていこう。

 

そして相槌は淡白なものではなく、

 

「へぇ〜!」「凄いね!」

 

などと、大げさに『共感』してあげることだ。

 

 

序盤のメールでは、プロフィールに
書かれていた内容をメインにやり取りをしていく。

 

例えば、女の子が「読書が好きです」と書いていたら、
書籍のネタを絡めたファーストメールを送る。

 

同じように、「スポーツが好きです」と書いていたら、
スポーツのネタを絡めたメールを送る。

 

 

ここで多用するべき言葉は、

 

「それいいよね!」

 

「うんうん、分かるよ」

 

の2つだ。

 

強く共感してあげることによって、
メールは自然に盛り上がっていく。

 

 

あなたが共感しづらい話題になってきたら、
メール文のキーワードを拾って
「○○ってどういう意味なの?」と質問する。

 

一般人には分かりづらい専門用語が出てきた
時などには、特に有効な返し方だ。

 

 

あなたが教えを請うことによって、
女の子に気持ちよく話させてあげると同時に、
優越感を与えることができる。

 

基本的に女の子は話したがりな生き物だから、
勝手に会話が進んでいくのだ。

 

 

ある程度盛り上がってきたら、
本アドを聞いて直メールに持ち込んでいこう。

 

このテクニックを忠実に実践すれば、
早い段階で直アド交換ができる。

 

 

6.電話番号を聞く

 

直メールに持ち込むことができたら、
セフレ作りの第一段階は突破した。

 

サイトメールと同じように、聞き手に回り、
女の子に気持ち良く話させてあげよう。

 

定期的なやり取りを心がけていれば、
メールをすることが“当たり前”の雰囲気になっていく。

 

 

第二段階はタイトル通り、『電話番号を聞く』ことである。

 

メールのやり取りでどんなに仲良くなっていても、
セフレにするためにはまだ足りない。

 

電話でお互いの声を聞き、直接話すことによって、
より一層女の子に安心感を与えることができる。

 

 

前述したように、やり取りが“当たり前”になっていれば、
苦労せずに電話番号を聞きだすことができる。

 

電話でもメールと同じように、
女の子を楽しませる会話を心がけよう。

 

 

ただし、ゆっくりと文章を考えられるメールとは異なり、
電話の場合はボキャブラリーの多さが問われてくる。

 

どうしても不安なようであれば、
事前に話題をいくつかピックアップしておくことをおススメする。

 

実際の電話で会話内容に詰まったら、
女の子の話をオウム返しして時間を稼ぎ、
その間に新たな話題を考えよう。

 

 

7.約束を取り付けて会う

 

定期的にメールのやり取りをしていれば、
自然に良い雰囲気になってくる。

 

タイミングを見計らい、会う約束を取り付けよう。

 

誘うときにはメールでもいいが、
直接声を交わす電話のほうが成功率は高い。

 

 

最初のデートスポットは、女の子が強く
興味を持っている場所を選択するのがベスト。

 

基本的にデート中は聞き手に回り、
オーバーリアクションで相槌を打つようにしよう。

 

 

メールでのやり取りと同じような自然体で接していれば、
高確率で次回のデートに持ち込むことができる。

 

ここまで来れば、セフレ作りは目の前だ。

 

初回のデートでホテルへ誘っても良いが、
慎重に進めるのなら何度かデートを重ねた後に誘うのが吉。

 

ホテルに入ることができたら、
あなたのトーク力とテクニック次第でセフレにすることができる。

 

出会い系でセフレを確実にゲットするための【プロフィール作成術】

セフレ募集サイト